遺言をもとに遺産相続となった結果…

PR | 兵庫県で相続に強い弁護士 |

多額の遺産で遺言書があれば良かったと言う話を聞いたり、身内で揉めたりする話を聞いたりしていましたが、まさか庶民の自分がそうなるとは思っていませんでした。

遺産相続の遺言書開示のため家庭裁判所に来るようにと言うハガキはとても意外で、ちょっと家族旅行ができるくらいのお金を分けて貰えれば嬉しいくらいに思って出かけて行ったら、驚いたことに遺言書には自分の名前は一切書かれておらず、何もありませんでした。

そう言えば母が亡くなる数年前に「預貯金のうち少しでもあげようと思う」と言われた時、「私はいらない」と答えたのですが、まだ母が死ぬことを受け入れる気にもなれず、その上、それがその通り私の名前も出ない遺言書につながるとは思ってもいませんでした。正直ショックで、兄姉への土地や預貯金と私への愛情とが混同され、感情的になって母に生前もらった物をどんどん処分してしまいました。たとえ遺言書があったとしても不服なら訴えられる、と言うのも知っていますが、私の場合は大した金額ではありません。でも、心の傷はなかなか癒えるものではなく今も少し痛んでいて、仲の良かった兄姉ともこちらから連絡する事もなくなりました。

相続の問題について相談をした体験談

私はかねてから相続に関して不安を持っています。私は父が亡くなれば、相続をすることになりますが、父は地主ということもあり、非常に多くの土地を持っています。妹がいるのですが、かなり不仲ですので、相続をする時にもめるのではないかと感じています。

そこで、相続の問題について不安があるので、兵庫県で相続に詳しい弁護士を探し、弁護士の無料相談をしたことがあります。今は、インターネットから弁護士に無料相談をすることが出来て、大変便利です。弁護士には相続に強い事務所があり、そちらで無料で相談ができて、しかも匿名で良いということだったので、相談をしました。

相続についですが、やはりもめごとにならないためには、親に遺言を書いてもらうことが望ましいと指摘されました。そうすることで、余計なもめごとがなく、相続をすることが出来るということを聞きました。父にはまだ言いにくいですが、相続のことを考えた時に、そういった遺言を残しておくということは大切だなと思いました。