遺言をもとに遺産相続となった結果…

PR | 兵庫県で相続に強い弁護士 |

多額の遺産で遺言書があれば良かったと言う話を聞いたり、身内で揉めたりする話を聞いたりしていましたが、まさか庶民の自分がそうなるとは思っていませんでした。

遺産相続の遺言書開示のため家庭裁判所に来るようにと言うハガキはとても意外で、ちょっと家族旅行ができるくらいのお金を分けて貰えれば嬉しいくらいに思って出かけて行ったら、驚いたことに遺言書には自分の名前は一切書かれておらず、何もありませんでした。

そう言えば母が亡くなる数年前に「預貯金のうち少しでもあげようと思う」と言われた時、「私はいらない」と答えたのですが、まだ母が死ぬことを受け入れる気にもなれず、その上、それがその通り私の名前も出ない遺言書につながるとは思ってもいませんでした。正直ショックで、兄姉への土地や預貯金と私への愛情とが混同され、感情的になって母に生前もらった物をどんどん処分してしまいました。たとえ遺言書があったとしても不服なら訴えられる、と言うのも知っていますが、私の場合は大した金額ではありません。でも、心の傷はなかなか癒えるものではなく今も少し痛んでいて、仲の良かった兄姉ともこちらから連絡する事もなくなりました。

相続の問題について相談をした体験談

私はかねてから相続に関して不安を持っています。私は父が亡くなれば、相続をすることになりますが、父は地主ということもあり、非常に多くの土地を持っています。妹がいるのですが、かなり不仲ですので、相続をする時にもめるのではないかと感じています。

そこで、相続の問題について不安があるので、兵庫県で相続に詳しい弁護士を探し、弁護士の無料相談をしたことがあります。今は、インターネットから弁護士に無料相談をすることが出来て、大変便利です。弁護士には相続に強い事務所があり、そちらで無料で相談ができて、しかも匿名で良いということだったので、相談をしました。

相続についですが、やはりもめごとにならないためには、親に遺言を書いてもらうことが望ましいと指摘されました。そうすることで、余計なもめごとがなく、相続をすることが出来るということを聞きました。父にはまだ言いにくいですが、相続のことを考えた時に、そういった遺言を残しておくということは大切だなと思いました。

不当解雇されてストレスマックス!

派遣で外資系企業メーカー勤務していましたが、契約期間は3ヶ月ごとの更新でしたが、なんと就労2ヶ月で別室へ呼ばれて契約を終了するとのことで、不当解雇されました。女性の上司でしたが、かなり性格もイマイチな感じだな〜といった印象で、不当解雇されるような雰囲気も漂っていましたし、今まで何人もの女性がけっこう不当解雇されたようで、中には、兵庫の弁護士に不当解雇の相談しようとしていた方もいるようです。その上司がいる職場へ就労させるのは、かなり大変だったと派遣会社の営業さんも言っていたので、不信感を抱きました。最初に言ってくれたら、そういう派遣先は選ばないのに、黙って紹介されたのはかなり嫌な印象になりました。外資系企業は厳しい就労条件なので、自分には合わないな〜ということがわかります。色々と仕事もありますが、やはり契約期間満了にならず途中で契約が終了すると、かなりストレスを受けることもあるため、その辺はしっかりと吟味してから勤務したいと考えるようになり、慎重になりました。

人生初の会社がブラック会社だった件

私は、高校時代から編集に関わる仕事をしたいと思い、新卒で編集プロダクションに入りました。
憧れていたライターの業務ができると思い、期待にあふれて入社した会社は、なんとブラック企業でした。
新卒で入って、3ヶ月は、他の新入社員と一緒にDTP、編集作業につて研修を受けました。一日中パソコンの目の前に座り、上司の方々からみっちりと学びました。
しかし、今思えば、このころから、あれ?と思うことは多々ありました。
まず、定時は9時15分であるにも関わらず、30分以上早くきて掃除をさせられます。各部署、会議室はもちろんですが、なんと、女性は男子トイレを掃除することがルールとなっていました。
そして、廊下などを通るときに必ず大きな声ですれ違う人、すれ違う人にあいさつをするのです。
そして、週1回、社長とのミーティングがあるのですが、ここでは、ほとんどが社長の自慢トークと、そしてセクハラ発言を毎回受けることになりました。

病気になっても出勤命令

以前、兵庫にある労務問題に詳しい弁護士さんに相談したことがあります。当時勤務していた販売店での話です。私はその販売店の食品部門でサブリーダーを担当していました。
 リーダーとサブリーダーが2名がメインで出勤し、アルバイトやパートタイマーが補佐するタイプのお店でした。リーダーとサブリーダーでしかできない仕事が多く、双方が同時に休むをとる事はできない仕事内容でした。リーダーとサブリーダーがお休みを交互に取るスタンスのシフトなので、片方が何かの事故や病気になってしまうと休まれた側の人間が連続出勤を余儀なくされる状態でした。
 風邪や怪我、捻挫などであっても出勤日の変更などは難しい為、相手に迷惑を掛けられないとしてむりやり出勤をしていました。まだその程度ならば我慢できましたが、ある病気になった時でも出勤を求められました。
 その病気は「水疱瘡」です。水疱瘡は周囲の感染率が高く、一度罹ってしまうと最低1週間は休まないといけない病気です。仕事中でしたが体中に水疱ができ、高熱が出た為、休暇中のリーダーに交代勤務をお願いし、病院で診察してもらいました。医師から診断証明書を貰って1週間の休みを申請しましたが、受理してもらってその2日後、その販売店の店長から連絡が入り、「いつになったら出勤できる?」、「いつまで休んでいるの?」、「リーダー困っているんだけど?」とひっきりなしに電話が掛かるようになり、最終的に医師から責任は取らないとして1週間も経たずに外出許可を貰って出勤しました。
周辺の方々に影響はありませんでしたが、なんてブラック体質なお店だろうと落胆しました。

労働基準監督署の人がきた

募集要項には、「残業なし」と書いてあったので、入社する時は、「あってもちょっとかな」と思っていました。
経理事務で入社したのですが、引き継ぎの期間は、「入ったばっかりだから、はやめに帰って」と言われて、定時で帰らされました。しかし、始業時間は9時なのに、「平社員は皆で掃除をするから、8時15分にきて」と言われて、一番下っ端の私は、8時過ぎには机に座り、掃除に参加。課長以上の人たちも、8時45分に始まる朝礼には参加しないといけない。
時間的にどうなの?嘘じゃんと不満に思いながらも何もできない毎日でした。
仕事を任されるようになると、残業しないととても間に合わない量の仕事を押し付けられます。
先輩と「残業なしってサービス残業のことだったね」と言いながら残って仕事をしていました。
そんなころ、中途入社してきた幹部候補の男性社員が、労働問題を兵庫の弁護士に相談したようで「ブラックって、ここのことだ」と言い残して半年で辞めていきました。
その後、労働基準監督署の人がきて、「朝礼をするなら、始業時間を8時45分にしないといけない。サービス残業はだめだ」と言われたそうで、就業時間が変更になりました。
それはよかったのですが、仕事量は変わらないので、いかに就業時間内に終わらせるかが仕事の最大のテーマとなりました。残業をする時は、事前に何名かに届けないといけなく、「なんで時間内にできないの?」と怒られてしまうからです。
前は残業しながらも和気あいあいと働いていたのに、皆全く余裕がなくなり、ギスギスしたかんじに。
どっちが良かったのかわかりません。

金・プラチナ買取のブラック企業

昨年、姫路の弁護士に相談後退社しました。
オープニング募集が気になって入った営業職でした。
支店から営業車に4~5人で乗り込み、一般家庭にアポなし訪問で、要らなくなった指輪やネックレスなどの金・プラチナの金属を、安値で買い取りするブラック企業です。
営業職だけあって、自分の頑張り次第で稼げると思ったのと、シンプルに金やプラチナの貴金属について勉強しようと思い、始めてみた企業でした。
「給料形態」は、基本給が18万円、皆勤手当が2万円、残業手当が2万円(18日以上の出勤者)。
「基本給計算方法」は、勤務日数18万未満が出勤日数×8,000円、勤務日数18日以上が180,000-(総出勤数-出勤数)×8,000円。
「歩合」は、0~80万円未満が基本給のみ、80万円~から細かい計算式あり。
一言で、うさんくさいブラック企業でした。
貴金属の買取をグループでするため、一日を一緒に行動する営業員が買い取れるまで、なかなか帰れません。勤務時間の平均は、9~21時。
残業手当は条件ありの2万円のみなので、皆勤手当の2万円頼りになっていきます。
そのうえ、社会保険関係は完備なしだったので、支店長に相談すると「そうなんだぁ」の、他人事。
ほか、運悪く営業車に貰い事故があり、むち打ち症になったときでも、支店長は従業員に一言かけるわけでもなく成績を追う話です。
理不尽なことばかりのなか、一番困ったのは、相談できる上司がいなかったことです。

いい加減過ぎるブラック企業

今回は、私が勤めた労務問題を抱えた姫路のブラック企業についてお話したいと思います。

私は、ある企業に採用が決まり、雇用契約書を交わし働き始めることになりました。

働き始めて初めてのお給料日、お金を下そうと銀行に行き残高を確認してみると明らかに振り込まれている金額が少ないのです。

おかしいと思い、上司に相談してみると、まだ給与明細が本社から届いていないのでしばらく待って欲しいとのことでした。

そして、給与明細が届き、確認してみると契約を交わした際の給与額より明らかに少ない額しかやはり振り込まれていなかったのです。

こんなことは前代未聞だったので、早急に本社に確認の電話をすると、なんと振込額を間違っていたとのことでした。

至急、振り込むとのことだったので、仕方ないと思い、それ以上は何も言いませんでしたが、次の月もまた間違われ、さすがに困るので本社に電話すると忙しくてまた確認していなかったとのことでした。

さすがに、この会社は大丈夫なのだろうかと不安になりました。

さらに、残業代全額支給と雇用契約書に書かれていましたが、私が退社するまで振り込まれたことは一度もありませんでした。

セクハラ上司を注意したら…

以前勤務していた会社の上司が、ひどい人でした。今思えば、労務問題に強い姫路の弁護士にすぐに相談すべきでした。
普段から嫌味が多く、職場の同僚から人気のない上司ですが、お酒を飲むとさらに嫌な上司になります。
若い女性社員を自分のテーブルに座らせて、肩を触ったり、腰を抱いたりしながらお酒を飲みます。
女性社員が、上手にあしらっていましたが、酔いが進んで度を超えたような行為になる事がありました。
ある飲み会で、その上司以外の男性は私しかいなく、セクハラ行為をする上司を止める事ができるのは、私だけという状況になりました。
上司に「いい加減にしてください」と言って、女性社員を帰らせて、その飲み会をお開きにしました。
すると、思っていた通り、翌日から私に対するパワハラが始まりました。
必要な連絡を私だけにしなかったり、会議で私だけ名指しで非難されたりする事もありました。
私は、この上司の下で働いていても未来がないと思い、会社を辞めました。
このような上司がいる職場で働くと最悪です。

勤務時間が長かった飲食店バイト

飲食店のバイトを始めてしばらくして、もしかしたらこれは「ブラックバイト」ではないかと思いました。知人には姫路の労務相談窓口で相談するよう勧められました。
まずとにかく勤務時間が長いという点です。
ランチの時間に間に合うよう、10時にバイトに入ると、結局、店じまいの夜中の2時まで働く事になりました。
休憩らしい休憩はなく、16時間くらい連続で働かされます。
本当は夜8時までという約束で働きはじめたのですが、徐々に残業が長くなり、このような長時間労働が当たり前になりました。
「夜の8時までにしてください」と言うと「分かった」というのですが、結局、「もう少し働けるだろ」と言って、勤務時間を伸ばされて、店じまいまで働く事になります。
また、飲食店のバイトなのに、まかない飯がなく、もしお腹が空いたらお店のメニューを割引価格ではなく、正規の値段で食べなければなりません。
しかもバイトをしながらなので、5分以内で食べ終えないと、店員から怒鳴られてしまいます。
本当に最悪のバイトだったと思います。